箇所別に見る大人ニキビ

ニキビのできる場所で分かる身体の不調と対処方法

大人になってからの「大人ニキビ」は一旦は治ったとしても、また同じ場所にできる繰り返しニキビが多いのが特徴ですが、 この大人ニキビはそのまま放置していると、クレーターのようなガサガサお肌やシミの原因になってしまい、 お肌にダメージを与えてしまいます。

ニキビができる大きな原因と言われているのが、身体の内側に溜まっている過剰な熱やホルモンバランスの乱れ、 胃などの消化器官の疲れ、肌への過剰な刺激、精神的なストレスなどが原因でニキビができてしまいます。 ニキビはできる場所によってできる原因が違ってきますので、 まずはニキビのできる箇所別の原因を知り対処していきましょう。

箇所別に見る大人ニキビの原因

1・髪の生え際やおでこ
生え際にニキビができる原因は、シャンプーやリンス、洗顔料の洗い残し、おでこもシャンプー類が関係してきますし、髪の刺激やストレスも原因。

2・眉や眉間
眉やその周辺はホルモンバランスの乱れ、眉間は自律神経が原因。

3・頬
毛穴に過剰に分泌された皮脂や、新陳代謝の乱れ、身体や内臓の冷え、ストレス、便秘、脂分の取りすぎなどが原因。

4・鼻やその周辺
皮脂の過剰分泌や手で触ることで雑菌が繁殖したり、大腸などの臓器の不調が原因。

5・口やあご
口周辺は油脂の多い食事の取りすぎや胃腸の不調、あごは習慣的に触ってしまったり、自律神経の乱れが原因。

箇所別に見る大人ニキビ

簡単にできるニキビ対策

ニキビを作らない、これ以上増やさないようにするには、 肌炎症を抑える効果のあるビタミンB2やB6を積極的に摂り、 皮脂の多いものは避けるなどの食事での対策が有効。 入浴や洗顔でお肌を清潔にした後は、 肌を化粧水で潤し、しっかりと乳液でフタをして、 肌から水分を逃さないようにしておきましょう。

ページのトップへ戻る