ニキビ肌の正しい洗顔方法

多くの方は一日に一度は洗顔をするかと思います。 洗顔をするのは肌の表面の汗や汚れを落とすことが目的でしょう。 汚れを落とすことによって肌の表面を綺麗にし、雑菌の繁殖を抑えたり皮脂の酸化を防ぐことによってニキビや肌荒れを防止することができるのです。

しかしその洗顔が正しくできていないと汚れが落としきれなかったり、 必要な油分まで奪ってしまったりと肌に悪影響を及ぼしてしまう事があります。 正しい洗顔方法を覚えることもスキンケアに繋がるため、意識する必要があります。

まず洗顔料の選び方ですが、実は朝は水で十分汚れを落とすことができます。 洗顔料を使う場合は、純粋に汚れを落とすだけならば固形石鹸が良いと言われています。 これは洗顔フォームには汚れを落とす力がありますが、 洗浄力が強いので落とす必要のないものまで落としてしまう可能性があるためです。

正しい洗顔方法ですが、まず手と顔を洗います。そして洗顔料をよく泡立て、手が顔に触れないようにその泡で円を描くように優しく洗っていきます。 油分が多い順に、TゾーンからUゾーン、口元といった順番がおすすめです。そしてすすぎ残しがないようにしっかりと洗い流して終了です。 ゴシゴシ擦ることや一日になんども洗うことは逆効果ですので、正しい洗顔をマスターして綺麗な肌を目指したいものですね。

やってはいけない洗顔方法

洗顔する時に、ゴシゴシ肌をこすることは絶対にやってはいけません。 そうすると肌に傷がつき、そこから必要な水分や皮脂が失われていくからです。 水分や皮脂が少なくなることによって、乾燥肌は引き起こされます。 またどちらか片方を失うことによって、肌のバランスは崩れてしまいニキビができやすくなります。

汚れを落とすため、皮脂を洗い流すためなどつい力を入れたくなりますが、それはやってはいけないことです。 肌に悪循環を作らないためにも、洗顔時は細心の注意が必要です。

まず洗顔する時は、洗顔フォームをしっかり泡立てます。 泡は多ければ多いほどいいのですが、手だけで作るのは時間もかかり大変な作業です。 泡を作る為の専用ネットを使用したり、最近では初めから泡が出てくる洗顔フォームもあるのでそういった商品を使うのも便利ですよね。

その泡を利用して、優しく肌を包むような感じて洗っていきます。 そこで肌の表面の汚れを泡に吸着させていきます。 洗い終わったら、キレイに泡を流します。

このときも肌をこすらないように、優しく流していきます。 最後にタオルで拭くときも、こすらず軽く手で加圧しながら水分をタオルに吸収してもらいます。 そしてできるだけ早く基礎化粧品でケアをし、この時も肌をこすらずにすれば大丈夫です。

ページのトップへ戻る