ニキビと紫外線、日焼け止めの関係

ニキビにも悪影響を与える紫外線

紫外線が肌の老化を引き起こすことは多くの人が知っている事実ですが、紫外線は老化以外にもニキビを悪化させる原因にもなるのです。

紫外線は一見ニキビとは関係がないように思えますが、紫外線にあたると皮脂が酸化して毛穴に炎症を起こしたり、毛穴を詰まらせてしまいます。 また、紫外線は活性酸素を生み出しますが、この活性酸素は肌の細胞にダメージを与えたり、肌のターンオーバーを乱す作用もあります。

そのため今あるニキビが悪化するだけではなく、ターンオーバーが乱れることによって肌の角質の生まれ変わりが上手くいかず、 本来なら剥がれ落ちるべき古い角質が毛穴を詰まらせ、新しいニキビを発生することにも繋がるのです。 ですからニキビのない肌を目指すためには、紫外線を防ぐことが非常に大切となります。

大人ニキビの原因とおすすめ改善方法

低刺激タイプの日焼け止めを使う

紫外線を防ぐために行わなければならないケア方法はいつくかありますが、基本的な紫外線対策は毎日きちんと日焼け止めを塗布することです。 日焼け止めは、伸びが良いからといって少量ではなくたっぷりと手にとって顔の高い部分には重ねづけをしなければ効果はありません。

しかし、ニキビの気になる肌にとって日焼け止めの選択を間違うとニキビを悪化させてしまいます。 日焼け止めには、紫外線吸収剤の配合されたものと、そうでないものがあります。

前者のタイプは、使用感が良いのですが紫外線を吸収するため肌が敏感になっていると刺激が強い場合がある点がデメリットです。 後者は、低刺激ですが紫外線散乱剤は粉体のため毛穴を詰まらせて新しいニキビが出来る恐れもあります。

実は、日焼け止めはどちらのタイプもニキビにとって影響がないとは言い切れないのです。 ただしそういったマイナス面がありながらも、日焼け止めを使用しない方がニキビや肌には悪い影響が大きいのも事実です。

ニキビに少しでも影響の少ない日焼けを選ぶなら、皮膚科で販売されているものを選ぶのが、一番安心かもしれません。

ページのトップへ戻る